回線業者とプロバイダーの違い

光回線のみならず、インターネット環境を整備するにあたって混乱しがちなのが「回線事業者」と「プロバイダ」の存在です。

この二つについてはよく同じような目線で語られることがあるのですが、全く別物です。

では、この二つはそれぞれ、どのようなものなのでしょうか?

回線を引くのは「回線事業者」

光通信に必要な光回線を実際に引く、つまり回線そのものを管理しているのは「回線事業者」です。

つまり、実際に回線工事を行ったり、回線のメンテナンス、トラブル対応をするのはこちら、ということになりますね。

一番有名な回線事業者はNTTでしょう。

その他にも光回線を提供している回線事業者にはKDDIやeoネットなどがあります。

最近では、「NURO」という超高速光通信回線事業者も登場しました。

回線事業者の違いは「回線速度」に如実に出てきますので、各々のニーズに合わせた事業者を選択する必要があります。

プロバイダは「接続事業者」

実際に整備された回線を用い、利用者がインターネットへ接続するのを管理しているのがプロバイダです。

いわば、「接続事業者」という事が出来るでしょう。

原則としてインターネットにつなぐためにはプロバイダとの契約が必須で、これ抜きで回線事業者と契約をしてもインターネットを利用することが出来ません。

但し、回線事業者によってはプロバイダを兼ねているところもありますので、その辺りについては公式ページで調べておいた方がよいでしょう。

プロバイダによる差は主に「独自サービス」と「セキュリティ」、「利用料金」に出てくると言ってよいでしょう。

それぞれに目指したいところは異なっていますので、比較サイトなどを利用して比較をしてみるのが良いでしょう。

本項の総合

まとめると、

・契約した回線事業者が自宅へ回線を引く(ただしマンションタイプの場合は工事不要で利用可能)

・契約したプロバイダを通してインターネットへつなぐ

という流れになります。

こうした流れの関係上、回線事業者をまず最初に選択し、そこからプロバイダを選ぶということになります。

回線事業者によってはプロバイダが限定されており、選択肢が少ない場合がありますので注意しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ