光回線の通信速度は非常に高速

高速回線として有名になっている「光回線」。

ADSL等と比べるとその差は歴然としているわけですが、実際、光回線はどのくらいの通信速度を実現できるのでしょうか?

一般では「2Gbps」が最速?

重要機関の専用回線ともなると、私たちが今使っている回線よりもはるかに高速な通信速度を実現できていることでしょう。

しかし、それについては私たち一般人にとってあまり関係のない話ですので、今回は割愛します。

現在、一般に提供されている回線で「最速」であるとされているのは、So-netの提供する「Nuro」(ニューロ)という回線であると言われています。

こちらの回線は上り(アップロード)速度が1Gbps(ギガビット毎秒)、下り(ダウンロード)速度ともなると2Gbpsを実現可能だそうです。

これがどのくらいすごいかというと、今広く使われている光回線は上り・下りとも200Mbpsのものが多いので、下りについてはこれの約10倍の回線速度となるわけです。

1Gbpsの通信速度を提供しているところもありますが、2Gbpsというのは他のどこを見てもないかもしれません。

これだけの通信速度があれば、大抵の通信についてストレスを感じることはなくなるでしょう。

ただし、これはあくまで「こちら側の通信速度」が保障されているのであり、通信先のサーバや通信回線の質が良くない場合、こちらの処理はそれに引っ張られて速度が低下することになります。

そこについては注意が必要だといえます。

高速通信サービスを利用するにあたっての注意

先ほどは最速の光通信を紹介しましたが、これほどの速度は必要ない、という方であれば200Mbpsや100Mbpsなどの通信速度を提供しているプロバイダを利用することも可能です。

ただし、100Mbpsよりも高速の光回線を利用する場合、こちら側で用意するLANケーブルや無線ルータには注意する必要があります。

というのは、ケーブルやルータによって対応できる通信速度の規格が違い、100Mbpsまでしか対応していない機材を使った場合、せっかく高速の回線を引いても結局100Mbpsの通信速度になってしまうためです。

比較的高速の回線を契約したい場合は、こうした周辺機器にも気を付ける必要がある、ということです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ