回線料金はもはや高額ではない

光回線の魅力を次々とお伝えしてきているわけですが、気になるのはその「料金」です。

いくら高品質のものだからといって、それが高額であるとしたら利用をためらってしまいますよね。

今回は光回線でかかる料金の平均について、お話をします。

料金の目安は「5000円」

大体の目安を出すとなると、月額で「5000円」くらいを見ておいた方が良いでしょう。

これよりも高額のものも低額のものも存在しますが、平均すると大体このくらいになります。

ちなみにこの平均は「個別利用」を対象としたもので、集合住宅用の回線となると、基本的にこれよりも低額となります。

しかし実際はこれよりも安い!

上で料金の平均について触れましたが、実際はこれよりも安くなることが多いです。

というのは、各プロバイダ・回線事業者側でさまざまな特典のあるキャンペーンを打ち出していることがほとんどだからです。

そのキャンペーン内容は実にさまざまであり、利用形態をある程度固定する代わりに安価にする、何らかの通信利用機器と抱き合わせとしてキャンペーン付回線契約を売り込む、などです。

その経緯は色々あれど、「工事費無料」や「月額割引」などで実際はお得になりやすいケースが多いのです。

このキャンペーンを加味するのであれば、期限付きながら利用料金の平均は「4000円」程度に引き下がります。

料金比較時の注意

料金を比較サイトなどで比較するのは非常に有効な手段ですが、その時に一つ気を付けなければいけないことがあります。

それは、「比較サイトなどでは基本的に『最安値表示』をしている」ということです。

これがどういうことかというと、表示されている値段通りの料金にならない、ということがあるのです。

キャンペーンの対象から利用者が外れていた場合は勿論キャンペーンが適用されませんし、キャンペーンにも期限設定があります。

その期限を過ぎれば通常の料金で払い込まなくてはいけなくなるわけですから、長期の利用を考えているのであれば、そこまで見越した最終的な損得を考えなくてはいけないのです。

また、料金だけを追ってサービス内容をおろそかにしていると、低額な代わりにパフォーマンスも低い、という回線を利用することになりかねません。

料金とパフォーマンスについてはバランスを見ながら選んでいきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ