光回線の工事について

光回線を利用する上で、避けて通れない場合が多いのは「工事」。

光回線は電話回線と同じように、戸別でひき込みたい場合は工事をして屋内に持ってこなくてはいけません。

実は、光回線の普及が一時期進まなかった理由は、この「工事」が一端を担っていたのです。

では、この光回線のための工事について、どのように対処すると効率が良くなるのでしょうか?

「すぐ出来る」とは思わない方がいい

まず覚えておかなくてはならないことは、光回線の工事日設定は病院や美容院の予約のようにいかない、ということです。

というのは、光回線の自宅敷設をするためには屋内への配線を含む関係上、業者側もあまり時間的効率を良くすることができないためです。

そのため需要と供給のバランスがうまく取れず、工事予約が積み重なってしまうこともしばしばなのです。

これは新年度前、2~4月に顕著であり、この辺りの工事予約はかなり難航すると言ってよいでしょう。

自分の予定を出来るだけ確定すること

利用者側がとれる最大の手段は、「自分の予定を明確化する」ことです。

向こうの工事予定をこちらがどうこうすることは出来ませんので、せめて自分にとって都合の良い日取りを出来るだけ把握しておく必要があるのです。

目安として1か月半前後の予定は把握しておくのが良いでしょう。

勿論予定が決めにくい職種の人も少なくありませんので、「出来るだけ」で構いません。

そもそも工事を回避するという手段

これから生活が変わるにあたり、引っ越しをしてその引っ越し先で光回線を使いたい、という人に限り、そもそも光回線の工事を回避することが出来る手段があります。

それは、「光回線が引かれている集合住宅に引っ越す」こと。

マンション・アパートによっては、予め集合住宅用の回線が配備されていることがあります。

それを利用することにすれば、戸別に回線を引き込むための工事は不要となるのです。

ただしこれを利用した場合、回線は「集合住宅」共通のものとなりますので、他の住人達が回線を多く使う時間帯になるとパフォーマンスが低下する場合があります。

それだけは留意しておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ