光電話の魅了

光回線が優れた通信回線であることは、前項までで折に触れて解説してきました。

この光回線ですが、インターネット回線としてはもちろんのこと、実は「電話回線」としても優秀な役目を果たすことが出来るのです。

光回線で電話をする、というのは、具体的にはどのような事なのでしょうか。

基本的には通常の電話と一緒!

光回線による電話サービスだからといって、通常の電話回線と勝手が違うか、というと、そういうわけではありません。

使い勝手は通常の電話と一緒で、回線が電話回線から光回線に切り替わっている、というだけのことです。

電話回線を利用したインターネット回線が以前は普及していましたが、光回線における電話サービスはその逆と考えてもらえれば想像がつきやすいかと思います。

光回線での電話におけるメリット

通信品質がADSL等よりも高い光回線ですが、電話の品質については特に従来のものより良いというわけではありません。

電話は電話としての規格があり、従来の回線と問題なく通話するために統一化されているのです。

では光回線で電話サービスを受けるメリットは何かというと、主に

・比較的安価である
・割引サービスを受けやすい

の2つがあります。

光回線での電話サービスはオプション的要素であるため、そこまで高額にはなりません。

NTT一般加入電話よりも低額で済む場合もあります。

更に、これは回線事業者やプロバイダにもよりますが、無料通話先の選択肢が広がっている場合が多いのです。

例えば「NURO 光 でんわ」では、ソフトバンクと提携しているためにソフトバンク携帯との通話が無料になるなどのサービスを受けることが出来ます。

こうしたことから、従来の一般電話よりもメリットの恩恵を受けやすいのです。

変更は全く面倒じゃない!

既に一般電話回線をお持ちの家庭でも、特に問題なく光回線の電話へとシフトすることが出来ます。

ネックになりやすいのは「番号の変化」ですが、番号ポータビリティサービスが適用できれば番号はそのままに回線だけを変えることが出来るのです。

最近では携帯電話のMNPサービス、つまり番号ポータビリティが有名ですが、あれと同じような感覚と考えてもらって問題ありません。

ただし、電話機によってはIP電話(≒光通信の電話)に対応していない場合があります。

今となってはそうした電話機があること自体が稀ですが、気になった場合はメーカーに問い合わせてみることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ